★   情報+テクニカル分析で暴騰波動株を探せ!   ★

4406 新日本理化

仕手株の本命株といえばこの銘柄!
4406 新日本理化
本日、1149円引け☆
上値ポイントを抜いたことにより上値が軽くなってますね♪♪♪
押し目はまだまだ買いあるのみです!!

さて、気になるエルピーダ(6665)だが・・・・
同社の会社更生法申請というニュースは衝撃的な材料ではあったが
市場心理的にはサプライズとは言いにくい。
政府の出資を受けて再建中という点に一種の“安心材料”があったが
それも万能の護符ではなかった、ということか・・・。

前場安かった日経平均が後場になってプラスに転じるという反応。
こちらの方がビックリである。
市場が調整を欲しがっていたところにエルピーダ破綻という格好の理由、
それも極めて分かりやすい材料が現われたことで
一斉に押し目買いが入った、というところか。

会員様にもお伝えしているように13週線と26週線が
ゴールデン・クロスすれば超短期的に調整局面を迎えるもの。
しばらく足踏みしつつ、過熱状態を冷ますという流れが恐らく本来の動きだろう。
それを覆してしまうような展開とは、正直ビックリです!
まあ、帳尻が合うのがテクニカルですのでここでの買いは慎重に・・・。

面白いのは、エルピーダの母体というべきNEC、日立、三菱電機の3社の株。
引け値ベースで見ると、NECが▲4円安、日立が△2円高、三菱電機が△5円高。
はっきりと明暗が出てしまった。

NECといえば、古河電工と同じように私の今年の注目株である。
日本にとって今年は「宇宙開発元年」といっていい年。
「はやぶさ」のNECといえば、その関連株の中でも欠くことのできない存在。
収益改善への取り組みが評価されない限りは人気の舞台には立てない。
本気で経営改革に取り組むのかどうか、残念ながらしばらくは
現経営陣のお手並み拝見となりそうである。

材料がない主力株は、直近の下値を参考に押し目買い狙い。
しばらくはBOX相場が続くのでリスクが少ないのと
動きが分かりやすことからい回転トレードに適しております!
参考にして下さい。

3月の会員募集を始めております。
3月もよろしくお願いします!!


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

5233 太平洋セメント

本日、会員欄に書き込みました!
5233 太平洋セメント
上値ポイントを抜けてくれば次の波動入り☆

新日本理化(4406)もポイント価格を抜けてきてから
さらに動きがよくなってきたでしょ♪♪♪
本日の長い上髭は一旦売りの合図なのか・・・

仕手株の動きがあやしくなっております。
明日、仕手筋の会合が行われます。
その前にこの下げは嫌な雰囲気。
下値ポイントを割ってきた銘柄は一旦撤退が当サイトのルール!
出来高を解析してのポイントですので、ポイントを割れば売り!
明日からの動き、要注意ですよ!!

さあ、日経指数の動きですが・・・・・・・・
会員様には今週は陰線を形成しやすい日ですよ!と
先週よりお伝えしていた。
さらに!今回のトレンドの上値上限値は、9763円であると!
本日の高値は9736円。
先物トレードに関してはすべての条件が揃いましたので
安心して本日の寄り付きは売り狙い出来ましたよね☆

本日から日経は調整に入ったわけですが
ここからの調整局面は買い場探しとなる。
下値ポイントにはしっかりと注目して下さいね☆
ポイント価格のすごさが分かるはずですよ~♪
トレードタイミングが分からない方は
遠慮なく夢株掲示板でお聞き下さいね!

3月度の会員募集を始めております。
3月もよろしくお願いします!!


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

7991 マミヤOP

東証2部出遅れ好業績株として
前々から会員欄で推奨しております・・・
7991 マミヤオーピー
チャートと波動は今のところ完璧。
あとは出来高がもう一段膨らんで来るかどうか?!
ここからの動き要注目です☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日、為替が80円台に乗せてきました。
何度も今回の相場は為替がキーになるとお伝えしておりましたが
その通りの展開となっております!
2月14日の最重要変化日に為替のシグナルが買い転換。
二つ目の買いシグナルが点灯してくればさらに面白くなる!
会員様はしっかりと為替のポイントチェックしていて下さい!!

3月度の会員募集を始めております。
3月もよろしくお願いします!!


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

1719 ハザマ

本日はこの銘柄から!!
1719 ハザマ
会員様は230円前後の押し目はしっかりと狙えましたよね☆
本日、4日分の下げ幅を1日で吸収♪♪♪
強い!強いの一言!!
復興は、同社株が本命株だとお伝え済み!
仕手株の本命株は新日本理化(4406)
まだまだ要注目ですよ~!!

昨日、日成ビルド(1916)を会員欄にて
180円前後は買うところだとアドバイスしました!
結果はご覧の通り☆
会員様は下値ポイントを有効に利用して下さい。

上値ポイントを抜けば買い、割れば売り!
基本に忠実にトレードしていきましょう☆

3月度の会員募集を始めております。
3月もよろしくお願いします!!


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

4406 新日本理化

仕手株大本命と言えばこの銘柄!
4406 新日本理化
本日、新高値更新☆
会員様には1000円前後は一旦売りとアドバイスしております。
上値ポイントを抜くまではまた押し目を待つタイミング!
抜ければそこから再度買い対応。
これを繰り返すことで運用効率が変わってきます!

SNS関連株やゲーム関連株、復興関連株の押し目・・・
上がるタイミングは?!
本日、会員様の質問がありましたので変化日を書き込んでおります。
会員様はお見逃しのないようにお願いします!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、日経の動きですが・・・・
非常に強い展開が続いております♪♪♪

今夜の米国市場は、プレジデンツ・デーのため休場。
欧州では、非公式ユーロ圏財務相会合があります。
ここでギリシャに対する追加支援の可否が話し合われます。
事前観測では、追加支援にゴーサインが確実視されていますが
合意かと思ったら延期された前回の例もありますし、注意は怠れません。

波動論で見た日経平均の週足が
かなり強いものとなってきております!
今週陽線で終了すればですが、
このチャートパターンは、震災以降では初めて☆
東京市場の本格的な修復期入りを物語る動きです。

週足のローソク足を見てみると、6週連続の陽線。
過去のデータでは、リーマンショック後の戻り過程では
5本連続の陽線が最高で、今回が新記録ということになります。

独自レシオが過熱ゾーンに差し掛かってきたことを踏まえると
もしかしたら、今週は連続陽線の記録が途絶えるかも知れませんが
過去波動パターンを検証すると、2010年の年末相場のように
循環物色がうまく機能して、上昇銘柄の比率が高水準のまま
株価が上伸するケースも考えられます。
目先の小緩んだ場面は、押し目買いの対処でいいでしょう!

為替の買い転換から相場は一転。
前々から今回の相場のキーは『為替』であるとお伝えしていた。
突然の日銀からのインフレターゲット発言。
日本国債の暴落を避けるためなのでしょうが・・・
ここで政治が機能していないのが実に悔しいところ。
まあ、これは毎度のことか・・・

3月度の会員募集を始めております!!
過剰流動性相場は、下値切り上がり型の相場。
上値ポイントを抜けてきた銘柄は順張りで買い対応。
下値ポイントどころは割り切り買い対応。
基本に忠実にトレードしていきましょう!
3月もよろしくお願いします☆


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

明日より3月度の会員募集を始めます!

ようやく、為替のシグナルが買いに転換し
面白い相場展開となってきましたね☆

重要変化日で為替の買い展開は周期的にはある意味悪くない!!
日経225指数の上値は今回の波動は小さいかもしれませんが
この先の相場展開にはかなり期待が持てます。

上値ポイントを抜いてきた銘柄の押し目は強気で!!
すべての指数が買いに転換してきましたので
ここからの相場は、いい銘柄があればドンドン推奨していきますね♪♪♪

先物トレードもようやく値幅が出だしましたので
先物トレードも面白くなってくるでしょう。
しっかり解析していきたいと思います☆

3月は勝負月!!
いいアドバイスができるよう全力で頑張りますね。


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

4406 新日本理化

4406 新日本理化
他の仕手株が軟調な中、きれいな波動で上がっております!
主力株に資金が移り、本命株しか上がれない状態。
加藤氏もまさか政府がインフレターゲットを発表して来るとは
思ってなかったでしょうね・・・。
主力株は出来高を伴うため、ディーラー等は主力株が動けば
仕手株より主力株を好む。
主力が調整に入るまでは仕手株は少しお休みですね!

独自解析の騰落レシオも本日過熱感入り。
下げて欲しい周期で上げてきてしまうため
今回も大きな指数高は見込めない。
会員欄で示している中値ぐらいまでと見ている。

上値ポイントにはしっかりチェックしていて下さいね!


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

インフレターゲット!!

本日、金融政策決定会合を開いた日銀が追加金融緩和を決定。
資産買入基金の枠を55兆円から65兆円に10兆円増額。
買い入れ対象はすべて長期国債。
これで長期国債の買い入れ枠は19兆円へと倍増以上に拡大される。

米FRBが「超金融緩和の期間延長」を表明し
ECBが「資金供給枠の拡大」を昨年12月から実施し
イングランド銀行までがこのほど「資金供給量の拡大」を決めるなど
主要各国の中央銀行が追加金融緩和に足並みを揃えるなか
わが日銀だけがひとり泰然とした態度でいただけに
遅ればせながら緩和サークルへの仲間入りである。

事前の予想では今回の決定会合では何も決まらないとの見方が大勢だった。
それだけに、この決定はサプライズの印象。
為替市場にも、株式市場にもインパクトを与える決定となった。

日銀によれば、今回の決定は全員一致で賛成された。
サプライズな決定にもかかわらず、全員一致とはいささか奇妙だが
私は、日銀幹部による周到な根回しがあったと推測する。
円高対策を含め「動かない日銀」・「危機意識のない日銀」に対する政界や
経済界に溜まっていてそれが白川総裁を突き動かしたということでしょう!

いずれにしても、現在でも長期国債の買い入れ枠が
9兆円あるところに、さらに新規に10兆円追加するというのは
実質的な効果というよりも日銀と政府との連係プレーを
演出するというパフォーマンスでしょう!!

そうすると、案外、為替相場にも効いてくるかもしれない。
実際、ドル円が78円台まで円安となって反応した。
米国株が堅調な展開となっていることからすると、
米株高・ドル高の流れを強める方向なら、さらに好状況となる。
為替のシグナルが転換してくれば日本市場は様変わりするでしょう!
シグナルが転換して来るのか、明日以降、要注目です☆

明日の注目銘柄・・・・・・
2706 ブロッコリー


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

QE3はあるのか?!

今週の日本市場はテクニカル的な要因(変化日等)に加え、
ギリシャ・NY市場の動向など海外情勢を見極める動きとなることから
先駆株を中心に利食い優先の展開になると見ている。
しかし、TOPIXが買いに転換してきているため
大崩れは考えられない・・・。

上昇トレンド(反騰態勢)は堅持されています。
NYダウは一気に、リーマン・ショック前の水準を奪回しただけに、
ここでの調整は当然であり、日柄・値幅調整を交えながらの方が
息の長い上昇トレンドとなるでしょう!

バーナンキFRB議長は先週末に、住宅市場の低迷が引き続き
アメリカの建設活動と雇用を抑制しており、
住宅セクターの回復支援のための新たな施策が必要であると
コメントしております。

現地ではアメリカの雇用、生産など景気指標の好調さを受け、
QE3はないと見る向きが増えているようです。

しかし、最近のバーナンキFRB議長のコメントや
およびFOMCの投票権メンバー(12人)のうち、
追加金融緩和に強硬に反対してきたダラス連銀のフィッシャー総裁、
フィラデルフィア連銀のプロッサー総裁、
ミネアポリス連銀のコチャラコタ総裁(筋金入りのタカ派)が外れ、
追加金融緩和を支持するハト派に代わったことを考慮すると、
予定通り3月初旬にQE3に踏み切ると見ている。

QE3は既報のように、住宅ローン担保証券の買い増しになりそう。
これだと、前述のコメントの主旨と一致します。
コメントは“前触れ”みたいなものです。

ギリシャについては3月20日に、145億ユーロの国債償還を控え
EU・IMFの支援の有無が焦点となっています。
ギリシャの連立3党は、支援サイドが求めている
『財政緊縮策』を受け入れると発表しました。

しかし、9日のユーロ圏17カ国の緊急財務相会合では
支援の決定が行われませんでした。
これは15日に改めて協議することになっています。
まあ、ここにきて、話をすべてぶち壊すような愚は避けるでしょう。
支援は実行されるはずです。

注目銘柄
1719 ハザマ
この強さ・・・素晴らしですね☆
この銘柄とどの銘柄が本命株でした???
その銘柄の買い場は会員様はご存知ですよね!?
押し目はしっかり狙っていきましょう!!


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

日本国債暴落論

最近週刊誌や経済新聞などに
日本国債の暴落を予告するような記事が
よく掲載されるようになっています。
日本の国債が暴落するという説は
昔から繰り返しマスコミに取り上げられて来たものの
実際にはなかなかそれは起きず、今も起きていません。

しかし最近の暴落説は、これまでになく説得力を持つようになっていて
私もよくファンマネの方から「どうなのでしょうか?」と聞かれます。
正直、国債の暴落が起きることなどあり得ないと私は思っているのですが
「絶対起きませんか?」などと突っ込まれると・・・・・
「絶対じゃありません」と言わざるを得なくなってしまっている。

暴落するかもしれないと暴落を匂わす人は結構多く
特に外資系の金融関係者に多くなっています。

国内でそれが案外多いのが財務省ではないかと思います。
というのは、財務省は消費税を引き上げるためなのでしょうが
これまでギリシャなどの債務危機が問題になると、
大臣や首相を通じて「明日は我が身」と言わせています。

「明日は我が身」とは、債務危機、つまり国債の暴落を意味していますので
財務官僚たちは消費税を引き上げなければ債務危機に陥り
国債も暴落すると見ていることになります。
それを防ぐために消費税を引き上げる必要がある・・・
こういうわけですが、彼らが「明日は我が身」と言い出したことで
国債の信頼性に揺らぎが生じていることに
彼らは気づいているのでしょうか・・・・。

日本の財務を司る本丸が将来国債の暴落が
起きるようなことを口にするのですから、
本当に呆れてしまいますよね(汗

財務の中枢がこんなふうですから最近では
三菱UFJ銀行まで国債暴落に備えはじめるありさま。
だから実際に暴落が起きるということにはならないものの
メガバンク首位の会社が暴落に備えるとなれば
ほかのメガバンクも当然それに続くことになる。
銀行だけでなく、その他金融機関、シンクタンクなども同様!
そしてそれらは色々な形でマスコミに取り上げられ、
ドンドン不安が増幅されて国民もそれに対応しようとする
負のスパイラルへ・・・。

今すぐにそうなることはないものの
近い将来そんなことが起こりかねないのです。
そしてそれを待っている投資家たちがいる。
ヘッジファンドの運用会社などが代表として挙げられる。
彼らは欧州債務危機が一山越えて国債の暴落が止まったら
新たに投資対象を探さねばならないことになります。

そんな彼らの恰好のターゲットになりやすいのが
日本国債になる恐れがあるのです・・・。
前述したように財務省でさえ、国債の暴落懸念を
持っていることが分かってしまった以上
指先で軽く押してやれば簡単にドドッと崩れてしまうからです。

そんな恐れがあるということを財務官僚や財務相、
首相は分かっているのでしょうか・・・。
軽々しく、「明日は我が身」などと口にして欲しくないものです。

まあ、バカな政治家や官僚がメディアを通じて言ってしまった以上、
私たちも「そんなことを今から心配することはない」では
すまなくなってしまっているということは
忘れないようにしておきましょう・・・。

新日本理化(4406)
変化日の2月7日から見事に反転してきましたね☆
800円以下の突っ込みは勝負と会員様にはお伝えしました。
さあ、ここからの展開・・・要注目ですよ♪♪♪


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

4406 新日本理化

本日はこの銘柄!!
4406 新日本理化
出来高解析と日柄計算から、本日が変化日であると
皆様には前々からお伝えしていた☆
本日、840円の切り返し!!
780円で私と同じように買いにいった方はおめでとうでした。
といっても、明日の動きはまだ注意が必要だが・・・
ローソク足が陽線を形成してくれば面白くなってきます♪♪♪
明日の動きに要注目です!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

海外動向についての質問を契約ディーラー様より
よく質問されますので少しブログに書き込んでおきます。

ECB(欧州中央銀行)は昨年12月21日、
4890億ユーロ(利率1.0%、期間3年)の流動性供給を行ないましたが
2~3月にも同規模の流動性供給を断行する方針といわれています。

総額1兆ユーロの流動性供給です。
これはまさしくECBによるQE1(金融緩和第1弾)でしょう。
ECBがいよいよ始動したのです。

これは欧州の金融機関がリーマン・ショック時のような
“突然死”を避けるための措置であり、高く評価できます。
これによって、リーマン・ショック第2幕の開演リスクは
大きく後退したと私は見ております。

なにしろ、2011年12月には金融機関の要請に応じ
彼らが求めるだけの資金を無条件に供給したのです。

実際、欧州情勢はドラスチックに改善し
平時の状態に戻りつつあります。
VIX指数は48ポイントから17ポイントと
急低下をみせています。

さらに、FRB(連邦準備制度理事会)は
3月13日のFOMC(公開市場委員会)において
QE3に踏み切るといわれています。
金融緩和第3弾は住宅ローン担保証券の買い増しになりそうです。

アメリカの住宅市場は中古住宅在庫率が
適正水準(6.0ヵ月)の近くまで低下(2011年12月は6.2ヵ月)したほか
ケース・シラー住宅価格指数が底打ちし反発の兆しを見せるなど
著しい改善を示しています。そこに、QE3です。
アメリカの景気は年央にかけて回復の動きを鮮明にするでしょう。

実は不思議なことに、アメリカの住宅価格(2006年4月がピーク)と
日本のメガバンクの株価は奇妙にパラレルな値動きとなっています。
それを見越しての外資系からの買いが
大手金融株の上昇に繋がっているとお考え下さい。

明日の注目銘柄・・・・・・
8515 アイフル


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

1719 ハザマ

年始から一貫推奨!
1719 ハザマ
五洋建設(1893)も引き続き新高値更新中☆
株で益が出ない方は、この銘柄を物色するようにアドバイスしている。
まだまだ押し目は買いあるのみです☆
動きの早い株もいいですが、こういったじり高株の方が
益が最終的には出るんですよね☆
最後にいつも跳ねが出ますから売り場も分かりやすい♪♪♪

本日日成ビルド(1916)が引け後に上方修正を発表☆
明日のローソク足に注目ですね!
陰線なら上下しながら上がる展開。陽線であれば・・・

仕手株を物色しているトレーダーは
この銘柄の動向が気になるはず!
新日本理化(4406)
明日以降の動きに注目です。

最後に・・・
鉄建(1815)
復興関連株の出遅れ!!
線路も復興しなければいけませんよね?!☆
同社株は官庁依存が大きい企業として有名。
ここからの展開にも要注目です♪♪♪


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

金相場

今日のテーマは『金』。

金価格の上昇・下落には奇妙?なリズムがみられます。
すなわち、13年上昇→価格8倍、21年下落のパターンです。

今回は1999年8月の1トロイオンス=251ドル、
2001年2月の1トロイオンス=253ドルを安値に
急騰相場がスタートしています。

一方、高値は昨年8月22日の1トロイオンス=1891ドルです。
上昇率は7.5倍、上昇期間は13年となっています。

上昇期間はちょうど13年です。
上昇率は足りませんがテクニカル的には、2000ドルタッチがありそう!
タッチすればぴったり8倍です。

いずれにせよ、金相場(急騰劇)は最終局面といえそうです。
この13年間、金投資は大成功を収めましたが
ここからは慎重な対応が必要でしょう。

なお、金には商品的価値と通貨的価値の2面があります。
近年の上昇相場は通貨(ドル、ユーロ)不安の裏返しとの見方ができます。

そう考えると、金価格のピークアウトは結果的に
通貨不安の解消につながるでしょう。
もちろん、ユーロ不安の完全収束には財政政策の一元化、
人の移動の自由化などが不可欠であり
2~3年の歳月が必要と考えています。

いわゆる欧州合衆国の構築です。
要するに、ユーロの父と呼ばれるロバート・マンデル博士の
「最適通貨圏の理論」の実践です。

通貨不安が沈静化した場合、メガバンクのさらなる上昇が期待できます。
こうした見方からメガバンクに現在資金が入っているのでしょう!

今回の相場のキーポイントは、『為替』。
市場はすでに円安に向くことを織り込み出したのかも知れません。
ただ、現在の為替相場はご覧の通り全く円安に振っていないことから
また金融株は普通に下げて来るでしょう!

強い相場であるため何かしら材料を付け加え物色される。
株とはそういうものです。
底値圏で上下する要因はここにあります!!

本日、引け後に発表したソニー(6758)。
09年の安値を割り込んでいるため、明日は厳しい展開か?!
ソニーショックの再来?!

会員様には何度も上昇銘柄を物色する癖を付けるよう
いつも口酸っぱくアドバイスしております。

宮地エンジ(3431)・三協立山(3432)
共立印刷(7838)・MUTOU(7999)等、
まだまだ要注目ですよ☆


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 
月間:閲覧申請
フェニックス掲示板は毎月ごとに
閲覧申請をお願いしています
ご利用規約
お問合せ
事務連絡等のお問合せフォーム
Phoenix-Option
【 フェニックス自分年金倶楽部 】
PHOENIX

PHOENIX

Author:PHOENIX
Phoenix-Family

Phoenix
New Entry
Monthly Archives