★   情報+テクニカル分析で暴騰波動株を探せ!   ★

重要変化日からどうなるか?!

3月度の会員閲覧申請が過去最高となりました。
本当にありがとうございます☆
皆様のご期待に少しでも答えれるよう、
3月も休み返上で出来高の解析に励みます!!

今週のテクニカルコメントでも示しておりますように、
『1万5650円』を終値ベースで割るかに注目です。
3月2日の特異日と、出来高解析から算出された重要変化日に、
このポイントを割らないようであれば、
次第に上値を試す展開に入っていくでしょう。

現在、『シグナル転換値』を全力で解析中です。
シグナル転換値を抜けたり、
もしくは、算出されるまでに買いシグナルに転換してくれば、
そこからの押し目は安心して買っていきましょう☆

シグナル通りにトレードして頂ければ、
普通に利益が出ます。
実績はもうご存知だと思います。

3月16日、日銀は追加緩和をしてくるのか?!
ここにも要注目となります。
3ヶ月連続追加緩和となれば前代未聞ですね。
2度あることは3度ある?!
要注目ですね☆♪☆♪☆♪


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

日本市場の重要変化日

ようやく、日本市場の転換日を算出できました。
会員様はお見逃しのないようにお願いします。
全力で出来高を解析し、割り出した変化日です。
是非、参考にして下さい。
3月度の閲覧申請はこちら!


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

1570 日経レバレッジETF

日経レバレッジをトレードされている方は、
日経指数のポイントを私が示しておりますので、
そのタイミングでトレードして下さいね☆

先週、日経指数が終値で1万6130円を抜けていることから、
現在の波動は、『1万6630円』に向かっております。

ですが、前回の下値最大値である『1万6340円』が
強烈な上値抵抗値となってしまうため、揉み合いを想定しております。
会員欄でアドバイスしておりますが、
1万6130円以上は極力買わないようにしておきましょう。
今週は、もみ合い・・・もしくは1万6630円に向かう週なので
押し目のみ買い対応です。

先週にお会員欄でも伝えしましたが、
1万6千円以下でヘッジファンドの買戻しが入っております。
これは、イベント前のリスクヘッジをしていると考えるのが妥当です。
G20で何も発表がなければ、29日以降注意が必要です。
私のシグナルが、『買い』に転換してくれば心配ありません☆
買いに転換したら、そこから買って頂いてOKです!!

シグナルに忠実に・・・
これさえ守って頂ければ、大負けすることは100%ありません。
シグナル転換後からが勝負です!!
シグナル転換後のその方向性の商品を買っていただければ、
資産は順調に増えていくはずです。
買いシグナルになれば、日経レバレッジ(1570)を買ってください。
売りシグナルになれば、日経ダブルインバース(1357)を買ってください。

シグナルが転換すれば、『下限値』まではかなりの確率で達成します。
下限値を終値で達成してくれば、『中値』に向かう展開となります。
中値から上値最大値は、利益確定のタイミングとなります。
中値以降のトレードは、枚数を減らすか、次のシグナル転換まで様子見がベストです。

当サイトのベテランさんの会員様に、
シグナルが転換した直後しかトレードをしていない方がいらっしゃいます。
毎年、いい成績をあげられております。
無駄なトレードをなくせば、必ず収益はプラスになります。

株で大きく損を出されている方、
一度、私のシグナルが転換したところからエントリーをした場合、
本当に収支がプラスになっているか、
過去10年間分の検証をしてみて下さい☆

3月度の閲覧申請はこちら!


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

明日より3月度の募集を始めます

荒れ狂う相場で、皆様、トレードが大変だと思います。
極力イレギュラーが出ないように日経指数は分析していきたいと思っております。
私の示す重要なポイント、是非参考にして頂き、トレード計画を立てて下さい☆
3月もよろしくお願いいたします。
3月度の閲覧申請はこちら!


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

指数相場

予告通りの動きですね☆

会員欄で1万6340円は強烈な上値フシとお伝えしました。
ここは簡単には抜けないですよ~

1万5660円前後で日経先物を買われた方は、
本日いいところで売れましたね☆♪☆♪☆

私の示すポイントでトレードして下さい!
そして、ドンドン利益を出して下さいね☆

先ほど、会員欄でここから先の予想を書き込んでおります。
会員様はお見逃しのないようにお願いします。


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

日経先物

会員様には、1万6130円以上は買いを極力しないようにアドバイスしました。
買いを狙うのは1万5660円前後の押し目だと申し上げましたが、
本日、予告どおりに1万5660円の押し目に到達☆
さあ、ここからの展開、要注目です!!

次の上げでシグナルが買いに転換してくるのか?!
買いシグナルになれば、そのまま順張りで買い対応。
買いになるまでは、安くで買って戻ったところで売りで回転ですよ!

シグナルに忠実に・・・
これが必勝法だといつも申し上げております。

運用成績が悪い方は、ずっとトレードをしているからです。
私の申し上げる重要なポイントとタイミングだけ
トレードするようにしていただければ、高い確率で益が出るはずです。
全力でサポート致しますので、
皆様も全力で『売買したい病』と闘ってくださいね!
負けたタイミングをノートにつけましょう。
そうすることで、いらないトレードが減ります。

勝てるタイミングだけトレードできる癖をつけていきましょう。


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

1570 日経レバレッジETF

日経指数は、先週に下値最大値付近まで下がったことで、
目先はいいところまで下がっておりました。

先週のブログでも書き込みしましたが、
マイナス金利が始まる今週から、日本市場はリバウンドに入るとお伝えしました。
本日は、一時1200円高となりましたね☆

リバウンドの戻りメドも、今週のテクニカルコメントでお伝えしました。
本日、ドンピシャで中値1万6130円から反落となりました♪
日経指数の動きは、今のところパーフェクトに当てております!!

14日の会員欄でのレポートでも、15日の買いはOKだと申し上げました。
ただし!!
16日以降は押し目のみ買いを狙うようにとアドバイスしております。
本日買った方は、1万6130円の中値でしっかりと利益確定できましたよね♪
私の示すポイント、上手に利用して下さいね!

出来高解析の凄さは、もうご存知のはずです。
あとは、運用者が上手にトレード計画を立てるだけです。
私の仕事は、日本市場の反発日柄を予測すること。
そして、下値メドや上値メドを当てることです。

休み返上で、出来高の解析をしております。
皆様も全力でトレード計画を立てて、
この荒れ狂う相場を乗り切ってください。

さて、ここからの展開ですが・・・・
まずは『1万6130円』を終値で突破することが出来るかどうか?!
本日の上げでは、まだ買いシグナルに転換しません。
私が買いシグナルに転換したというまで、
安易な買いトレードはしないようにしましょう。

最後に・・・・
本日、中値までリバウンドをしましたので、
数日後、下値最大値が変わってきます。
今すぐに下値メドは変化しませんが、
来週には下値最大値が変わってきます。

後日ではありますが、私の示す注目ポイントを割ってくれば
再度、そこから売りを狙って下さい。

今は、『1万6130円』と『1万5661円』に注意していて下さい。
抜けた方向に相場が動くと考えられます。
相場の方向性が分からなくなった会員様は、
遠慮なさらず、夢株でご質問下さいね☆


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

1570 日経レバレッジETF

会員欄のポートフォリオで、日経レバレッジを1万2千円以上で
空売りと書き込んでおきました。
今はまだ買う時期ではないとお伝えしておきます。

日経指数の上値メドを抜けてくるまでは、
本日のような材料なき自律反発局面は、売り狙いが有効です。

今週のテクニカルコメントで、重要な下値フシを書き込んでおります。
私の示すポイントは、出来高を解析してのポイントです。
下値下限値を割ってくれば、中値に向かう展開となります。
是非、参考にして頂ければと思います。

シグナルに忠実に・・・

私のシグナルが買いに転換しない限り、
安易な値ごろ買いは、注意しておきましょう。

信用取引を開設されていない会員様は、
日経ダブルインバース(1357)の押し目を買っていきましょう。


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 

マイナス金利導入は失敗する・・・

今週のレポートで会員様には、
マイナス金利の導入は、失敗すると申し上げました。
金融市場の混乱時に、初めての政策はデメリットでしかありません。

黒田氏が私の想像以上の人物であるならば、
マイナス金利の導入には年末相場への意図が含まれています。
わざと株価を下げさせて、安いところで銀行に株を買わせる荒業。

GPIFは、上値を買うだけの小学生運用をしてきました。
自分たちで株価を吊り上げる、仕手株手法。
これには、安倍総理も黒田総裁も誤算だったと思います。

同じ失敗は出来ませんから、
次はプロの投資家に相場を作らそうと
考えているのかもしれませんね。
プロは基本的にドル平均法でのトレードをしますから、
株価を下げさせて、買い下がらせる。
そして、その後に量的緩和をもう一度発表し、
株価を吊り上げる。

銀行は安値で株を仕込めるわけですから、
含み益で相場を作っていけます。

さて、黒田氏の思い描いているシナリオどおりに相場が運ぶのかどうか?!
切り札は100%温存しております。
私の予想では、中国債の購入??
禁じ手ですね。

本日、会員欄にて、あるポイントを示しました。
ここを抜けない限りは買いは控えるようアドバイスしております。
知る者と知らない者の差は大きいです。

シグナルに忠実に・・・・
29日の重要変化日に買いシグナルに転換しなかったことが
この下落相場への始まりです。
終値で1万7千円以下で引けてくるようであれば・・・・
注意をしていて下さい。

この下げのおかげで、シグナル転換値を算出していけます。
私のポイントを抜けてくるまでは、売り狙い対応です。

上手にここを乗り切ってくださいね☆


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 
月間:閲覧申請
フェニックス掲示板は毎月ごとに
閲覧申請をお願いしています
ご利用規約
お問合せ
事務連絡等のお問合せフォーム
PHOENIX

PHOENIX

Author:PHOENIX
Phoenix-Family

Phoenix
New Entry
Monthly Archives