★   情報+テクニカル分析で暴騰波動株を探せ!   ★

5479 日本金属

本日は仕手株の特集・・・
5479 日本金属
同社株に関西系の仕手筋が介入中!
上値ポイントを抜けて来れるかどうか?!
要注目です!!
ヨータイ(5357)も同じグループの一派が絡んでるみたいです☆

雑談・・・・・・・・・・・・・

8月相場は残念ながら日経平均の月足チャートが陰線で終わってしまいました。
9907・04円から8955・20円まで、1000円近い大幅下落となり大きな陰線を形成。
しかし、これは米国市場に比べると、実はまだマシです。
同国市場でNYダウは実に4カ月連続で下げてしまいました。
それに対し日経平均は今のところ1カ月陰線を描いただけ!

円高基調が続いているにしては、よく頑張っているほうです。
背景には復興需要に支えられた日本経済の堅調回復と、
円高に対する介入方針の示唆があります。
とはいえ、やはり欧米から時々吹き寄せてくる財政危機と経済減速懸念の突風は怖く
安心出来る日は一日もないのが実際です。

目先、市場が強く意識しているのは、米国がQE3を実施するかどうか?!
答えは9月20日~21日にかけて開催されるFOMCで出ることになっています。

例年この時期のFOMCは1日で終わるのですが、
今回ば特別に2日を用意しているのです。
金融政策についてより慎重、かつ深く検討する必要があるとの考えからでしょう!

市場が期待するのはQE3の実施。そのため開催日が1日延長されたことを、
「QE3に反対の地方連銀総裁たちを時間をかけて説得するため」と見ているのです。
実際にそうなのかどうかは分かりません。
しかし2日に延長されたのは確かであり、QE3の実施を決定するのかもしれません。

実際、どうなるかを見極めるには、これからまだ20日まで期間があるため
その間で考えればよいことですが、QE3実施となった場合に困るのは為替のドル安円高です。
米国がさらに金融を緩和するとなると、ドル高進行となってしまう恐れがあります。
東京市場はそれに耐えられるか・・・。

企業は「1円の円高で経常利益が50億円減る」などと渋い表情ですが、
上場企業の多くはこれまでにすでに海外シフトに取り組んで来ています。
マスコミがセンセーショナルに報じるほどマイナスの大打撃は受けない。
こう見てよいでしょう。

加えて野田新政権の誕生です。
「ドジョウ内閣」などと呼ばれていますが、自らをドジョウと称したり
財務相就任前まで実に25年間もの長期にわたって
地元の千葉県船橋駅前の「駅立ち」を実行したことなどを考えると、
ただ者でないことが分かります!

政治家にとって何が大事なのか、それを知識として知るだけでなく
、実行に移す処世法はポイントを外していません。
失礼ながらお見かけとは異なり、非常に才覚すぐれた人物と見てよいでしょう。

そのため任期一杯の2年は続く可能性が高く、
混乱を究める日本もこれまでよりは少し落ち着いて来ることが考えられます。
何事も落ち着いて取り組める環境が必要で、当然株も同じ。この点、期待が持てます。

野田政権に対する期待値が低いことも好ましく、
株なら売り込まれたところから浮上開始という形が想定できます。
過去この形になったのは小渕首相の時で、誕生当初は低かった支持が次第に上昇、
株価もどんどん上がりました。
もちろん時代が異なるため、同じことにはなりませんが、期待値の低さ。
これは東京市場にとっては支援材料となります☆

さあ、年末に向けてどうなるのか!?
年末から来年にかけては高くなる予測に今のところ変化なし!
9月の変化日以降、世界市場は調整周期に入りますので
もう一波乱を予測する・・・。

買い勝負はそこからです☆


↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 
月間:閲覧申請
フェニックス掲示板は毎月ごとに
閲覧申請をお願いしています
ご利用規約
お問合せ
事務連絡等のお問合せフォーム
PHOENIX

PHOENIX

Author:PHOENIX
Phoenix-Family

Phoenix
New Entry
Monthly Archives