★   情報+テクニカル分析で暴騰波動株を探せ!   ★

1888 若築建設

本日も復興関連株が活況!
1888 若築建設
本日、7円高の122円!!
買いを物色するなら復興関連株☆
ブログでも取り上げている例の銘柄はまだ上値余地あり♪♪♪
どの銘柄か分かりますか!?☆
分からない方は夢株掲示板で聞いて下さい☆

雑談・・・・・・・・・・・・・・・・

本日はギリシャ動向について!
ギリシャは実質的に破たんしています。
これはだれもが分かっていることです.

しかし、現時点ではそれを認めるわけにはいきません。
周辺諸国、欧米金融機関のダメージが大きすぎます。

このため、時間稼ぎ(muddle through)”をしている最中。

先週、メルケル・ドイツ首相はギリシャのパパンドレウ首相と会談し
「ドイツはギリシャを支援する」とコメントしています。
しかし、状況はそんなに甘いものではありません。

なにしろ、ドイツの国民の75%がギリシャ支援に反対なのです。
自分たちの税金が「いい加減な国」に制限なく注ぎ込まれるのです。

緊急の課題はEFSF(欧州金融安定化基金)の拡充ですが、
最悪のシナリオに備え、金融機関に対し
公的資金の注入を急ぐ必要があります。

金融システムを守るためです。
これをためらってはいけません。

日本の場合、公的資金の注入が遅れました。
住専問題などのゴタゴタ劇があって、
「バブル崩壊を受け、みんながこんなに苦しんでいるのに
なぜ銀行だけをなぜ救済するのか」という論理に押し切られたのです。

1992年8月に、当時の宮沢喜一首相が「金融機関に重大な不良債権が存在する」と
非公式に認め、平岩外四経団連会長(東京電力会長)に
公的資金の注入に関しての協力を要請したのですが、
平岩会長の反応は「銀行員の給料は高いからね」のひと言でした。
結果的に、宮沢首相は公的資金の注入を断念したと伝えられています。

昭和恐慌→戦争突入の要因は「鈴木商店を救うのか」という
野党の公的資金の注入に反対する政府攻撃でした。
1990年代、「私は銀行が嫌いだ」と公言する与党幹事長がいました。
好き嫌いで政治をやられてはたまりませんよね。

いずれも“小さな正義”が国を滅ぼす!の図です。
ユーロ加盟国(17ヵ国)は、この“愚”を避けて欲しいものですね!

さあ、10月の重要変化日に個別株の変化日が集中している。
ここから相場は大きく流れが変わってきそうである☆
10月の重要変化日に要注目です!!
フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    ➡ 月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス;日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 
株式情報:閲覧申請
フェニックス株式ポータルサイト

フェニックス掲示板は毎月ごとに
閲覧申請をお願いしています。
ご利用規約
株式情報:お問合せ
事務連絡等のお問合せフォーム
PHOENIX

PHOENIX

Author:PHOENIX
Phoenix-Family

Phoenix
New Entry
Monthly Archives
日経225:閲覧申請
フェニックス:日経225倶楽部

日経225倶楽部は、毎月ごとに
閲覧申請をお願いしています。
日経225:お問合せ
事務連絡等のお問合せフォーム
Search
Links
Blog Ranking
パスワードが届かない?
hatena.png
Category
Site Map

全ての記事を表示する

Counter
On-Line
現在の閲覧者数:
QR-Code
QR
RSS-Links