★   情報+テクニカル分析で暴騰波動株を探せ!   ★

8136 サンリオ

本日はこの銘柄!!
8136 サンリオ
新値更新となり一時3940円まで☆
離れ足に乗れ!これ株の格言!!
押し目は買いあるのみです☆

雑談・・・・・・・・・・・

株式市場は、現状を一言でいえばなお不安定な状況が続いています。
世界経済の覇者米国の株価は、ここ急落して8月上旬以降のもみ合い圏を下回ってきました。
二段下げ構成の二段目の下げの始まりといえます。

はっきりしていることは、米国株の動向は世界経済の帰すうを
映し出していることは事実で、中国など新興国・欧州の株価、
そしてもちろんわが国の株価もそれに同調することは疑う余地がありません。

いま世界経済は下方に向かっているといわれます。
きっかけは、米国景気の二番底懸念や欧州のギリシャ問題を契機とした景気減速にあります。
しかし、いまどの程度世界経済が下方進行中なのか、
きわめて漠然としていて、つかみどころがありません。

国内外の景気の状況は声なき声の相場に聞くのが一番と思っています。
では、世界経済を占う指標、相場はなんでしょうか。
ひとつは、香港株式市場です!!
香港は欧米とも親密ですし、もちろんアジアの中心で新興国経済をも映します。

米国長期金利もそうですし国際商品市況もそうです。
香港株価はここ急落中です。
また米国長期金利はリスク回避で資金が株式、商品、新興国から逃避を始めて、
米国の国債に流入しています。したがって金利は低下中といえます。
国際商品は銅など非鉄金属をはじめ原油、天然ガス、
さらに急騰した金さえも急落しています。
このようにみると、明らかに世界景気は下方に向かっているとみてよいでしょう。

問題は、景気悪化を株価がどの程度織り込んでいるかです。
米国の株価が天井を打ったのは今年4月です。
景気の天井は株価下落の数ヶ月前に先行して下げるのが原則です。
そういえば、8月ころから急速に世界景気がおかしくなっています。
とすると、早ければ10月中にも景気は、欧州のギリシャ問題や
米国の景気対策にもよりますが、底入れする可能性がある。
QE3・HIA2の発表をどのタイミングでしてくるか!?
ここがポイントです。

景気の底と株価の底が同時的であることも大原則です。
したがって、今月中に株価は底入れするとみます。
米国株で1万ド割れ、日本株で8020円・・・7545円が
下値メドと予測しています。ここ米国株の下落が急調を帯びてきました。

ここまできたら、なまじっか株価が戻ることなく、素直に下げた方いい。
そのほうがあとの反騰力が違います。
私としては早く8000円を割って欲しい。
ともあれ、この10月は勝負月となりそう・・・。
皆様にはそう何度も申し上げております!!
10月の重要変化日からの動きに要注目です!!
フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    ➡ 月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス;日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 
株式情報:閲覧申請
フェニックス株式ポータルサイト

フェニックス掲示板は毎月ごとに
閲覧申請をお願いしています。
ご利用規約
株式情報:お問合せ
事務連絡等のお問合せフォーム
PHOENIX

PHOENIX

Author:PHOENIX
Phoenix-Family

Phoenix
New Entry
Monthly Archives
日経225:閲覧申請
フェニックス:日経225倶楽部

日経225倶楽部は、毎月ごとに
閲覧申請をお願いしています。
日経225:お問合せ
事務連絡等のお問合せフォーム
Search
Links
Blog Ranking
パスワードが届かない?
hatena.png
Category
Site Map

全ての記事を表示する

Counter
On-Line
現在の閲覧者数:
QR-Code
QR
RSS-Links