★   情報+テクニカル分析で暴騰波動株を探せ!   ★

金相場

今日のテーマは『金』。

金価格の上昇・下落には奇妙?なリズムがみられます。
すなわち、13年上昇→価格8倍、21年下落のパターンです。

今回は1999年8月の1トロイオンス=251ドル、
2001年2月の1トロイオンス=253ドルを安値に
急騰相場がスタートしています。

一方、高値は昨年8月22日の1トロイオンス=1891ドルです。
上昇率は7.5倍、上昇期間は13年となっています。

上昇期間はちょうど13年です。
上昇率は足りませんがテクニカル的には、2000ドルタッチがありそう!
タッチすればぴったり8倍です。

いずれにせよ、金相場(急騰劇)は最終局面といえそうです。
この13年間、金投資は大成功を収めましたが
ここからは慎重な対応が必要でしょう。

なお、金には商品的価値と通貨的価値の2面があります。
近年の上昇相場は通貨(ドル、ユーロ)不安の裏返しとの見方ができます。

そう考えると、金価格のピークアウトは結果的に
通貨不安の解消につながるでしょう。
もちろん、ユーロ不安の完全収束には財政政策の一元化、
人の移動の自由化などが不可欠であり
2~3年の歳月が必要と考えています。

いわゆる欧州合衆国の構築です。
要するに、ユーロの父と呼ばれるロバート・マンデル博士の
「最適通貨圏の理論」の実践です。

通貨不安が沈静化した場合、メガバンクのさらなる上昇が期待できます。
こうした見方からメガバンクに現在資金が入っているのでしょう!

今回の相場のキーポイントは、『為替』。
市場はすでに円安に向くことを織り込み出したのかも知れません。
ただ、現在の為替相場はご覧の通り全く円安に振っていないことから
また金融株は普通に下げて来るでしょう!

強い相場であるため何かしら材料を付け加え物色される。
株とはそういうものです。
底値圏で上下する要因はここにあります!!

本日、引け後に発表したソニー(6758)。
09年の安値を割り込んでいるため、明日は厳しい展開か?!
ソニーショックの再来?!

会員様には何度も上昇銘柄を物色する癖を付けるよう
いつも口酸っぱくアドバイスしております。

宮地エンジ(3431)・三協立山(3432)
共立印刷(7838)・MUTOU(7999)等、
まだまだ要注目ですよ☆
フェニックス株式投資情報ポータルサイト への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    ➡ 月間 閲覧申請:PHP版

フェニックス;日経225倶楽部 への閲覧申請は・・・
月間 閲覧申請:CGI版    月間 閲覧申請:PHP版

↓ ↓ ↓ ブログの応援を、よろしく、お願いします。 <(_ _)> 
株式情報:閲覧申請
フェニックス株式ポータルサイト

フェニックス掲示板は毎月ごとに
閲覧申請をお願いしています。
ご利用規約
株式情報:お問合せ
事務連絡等のお問合せフォーム
PHOENIX

PHOENIX

Author:PHOENIX
Phoenix-Family

Phoenix
New Entry
Monthly Archives
日経225:閲覧申請
フェニックス:日経225倶楽部

日経225倶楽部は、毎月ごとに
閲覧申請をお願いしています。
日経225:お問合せ
事務連絡等のお問合せフォーム
Search
Links
Blog Ranking
パスワードが届かない?
hatena.png
Category
Site Map

全ての記事を表示する

Counter
On-Line
現在の閲覧者数:
QR-Code
QR
RSS-Links